検索

Ibrahimのトビタテハウス体験記【my priceless time in a house with no boundaries】

Living in Tokyo was different this time. I got the chance to live with Japanese students and young professionals that were amazing in all possible ways. For me, I had goals set in advance that I want to learn more about Japanese daily life in addition to learning the language. I have the confidence to say that I learned much more than that. TOBITATE house was a unique mixture of experiences. Some of my housemates studied in the US, others in Canada, Australia, Russia and more! Japanese student studying in Russia?! Man! How can I not be excited to talk with him and listen to his stories? I asked my other roommate about his job to figure out he's a blogger! Naturally, I asked, "what do you wri

ねえさんのトビタテハウス体験記【大学院生の私がトビタテハウスで暮らした率直な感想】

初めまして。私は、なぜか「ねえさん」というあだ名が毎回つけられてしま う大学院生である。何かしらの貫禄があるのだろうが、自覚がないことに恐怖 を感じている。  さて、私は、トビタテハウスに約3ヶ月居住させてもらった。トビタテハウ スを選んだ理由は、三ヶ月という短い期間で比較的安く住める場所が他になか ったからである。マンスリーやウイークリーマンションは高すぎて、苦学生の 私には選択する余地がなかった。  申し訳ないが、私は、面白い文章を書こうとすると滑ってしまう。その代わ りに、率直な感想が綴れればと思う。 まず、居住をお勧めしたい人を5タイプに分けて下に示したい。 ●居住をお勧めしたい人 ・精神的に「自立」している(したい)人 ・安く短期間東京に住みたい人 ・東京の中心に住みたい人 ・就活前・就活中の学生 ・普段話したことのないタイプの方と話したい人 安く短期間で住めるということは、既に述べたので、他の4点について触れ ながら、特に印象的だった出来事を綴っていきたい。 ●「狭っ!」から始まったトビタテハウス生活  安い、という安直な理由で住むことを決めたのだが、内覧をしないでいきな り住んだため、初日はずいぶん面食らった。正直にいうと、部屋が思ったより 、ずいぶん狭かったのである。  言い訳しておくと、私はどんな環境でも住める自信があった。大学生の頃は 自衛隊の次に厳しいと言われる「監獄」に住んでいたし、旅行ではいつも安い ゲストハウスに泊まっていたからである。  部屋は、確かにとても綺麗だったが、布団を3つ並べると、それだけでがい

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • note

Tobitate House